注文住宅だからこだわりたい風の重要性

私が注文住宅を建てるにあたって重要視したことは、「風通し」です。

開放感も重要ですが、家の中に空気が溜まることは、悪い気もたまりがちになり良くないそうです。また、風通しがよいと、洗濯物も早く乾くし、料理した時の魚の匂いや揚げ物の匂いなども早く消えます。

夏の冷房も、午前中は自然風でしのげます。風通しが良いに越したことはないと思います。

まず建築士さんには「風が抜けるように」とお願いして間取りを書いてもらいました。

建築士さんも風の通り道をよくわかっていらっしゃる方でしたので、私たち素人では発想もしないようなポイントで間取りを考えてくださいました。

一番のポイントは、階段についた小さな窓です。大きなはめ込み窓の下に小さな窓がありますが、そこを開けると家中の空気が一斉に流れ出します。

どうしても南側に窓が集中していますが、この小窓は北側にあるので、ここをあけると一気に空気が動くそうです。

開放的な大きな窓と、そこから入ってくる自然風はとても気持ちがいいです。最近では人工的に空調を整えた建物は多いですが、自然風にかなうものはないと思っています。この家を立ててからは、風の強さや風の暖かさ、冷たさも感じられるようになり、「あ。もうすぐ雨がふるかな?」などもわかるようになりました。

都心にお住まいの方は難しいかもしれませんが、一戸建てを立てる際には風通しの良さもぜひポイントにしてみてください。

英語上達の秘訣内職 アルバイトサプリメントクレジットカードの即日発行じゃけんお家の見直ししま専科生命保険の口コミ.COM童話サプリメントショッピングカート工務店向け集客ノウハウ女性向けエステ.com